変形性膝関節症・膝関節骨壊死症
専門医による治療最新情報

膝の痛み教室

膝の痛みと変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は、膝の大腿骨と脛骨を連結する関節に起こります。

膝の関節は、衝撃を緩和する役目の軟骨があります。

骨と骨がこすれ合わないように、骨の表面を覆っている関節軟骨と、クッションの役目をする半月板です。

そして、関節の仕組みでも紹介しましたが、関節を覆う関節包の内側の滑膜が、潤滑油の役割を果たす滑液を分泌して関節内を満たし、滑らかな関節運動を助けています。

軟骨組織は、中高年になると老化・硬化します。

膝を動かすたびに軟骨同士の摩擦が増え、軟骨の摩耗が始まります。

年齢が上がるにつれて、変形性膝関節症は増えていきます。

変形性膝関節症は、この関節軟骨が長年による負担の積み重ねですり減ったタイヤのようになり、骨が露出して削れてしまった状態です。

変形性膝関節症の初期症状

軟骨表面が傷つき、毛羽立ったような状態になり、歩き出しや膝の曲げ伸ばし、階段の上り下りなどのときに痛みを感じるが、痛みはそう強くなく、1~2日で治まる。

変形性膝関節症の中期症状

関節軟骨の摩耗が進み、削れた軟骨が関節の間に挟まったり、滑膜を刺激して滑液の分泌を促し「膝にみずがたまる」という状態になったりします。

部分的に軟骨がなくなって、骨が露出し、骨の端にトゲ状の骨棘(こっきょく)が生じます。

日常動作でも痛みが起こり、正座ができない、和式トイレでしゃがめない、階段を下りられないなどの支障が出てきます。

変形性膝関節症の末期症状

骨が削れて関節のかみ合わせが狂ってきます。

わずかな動きでも強い痛みが起こり、歩行も乗り物の乗り降りも不自由になり、外出もままならず、家に閉じこもりがちになってしまいます。